修理費はどんな金額に?新しいものを買った方がいい?

破損箇所により料金が変化する

スマートフォンが壊れてしまったときに利用できるサービスがスマホ修理店です。ここは手持ちのスマートフォンの状態を見て、適切な修理を行ってくれるのが特徴です。利用をするときには状態に応じて料金が変化します。基本的に破損状態がひどいと修理費用は結構かかってしまいます。ボタンの破損やスピーカーの破損くらいなら大した修理費用にはなりません。液晶画面の破損になると交換をするので、費用は結構かかります。これは新機種や液晶画面が大きいほど費用は増します。ものによっては4万円近くかかるものもあります。水没修理だと意外と安く1万円くらいで対応してくれます。壊れてしまったら見積もりを出してもらい修理価格が安い場合は修理店を利用しましょう。

買い替えが必要な場合を知る

壊れてしまったスマートフォンを修理すれば再び使えるようになるでしょう。このとき壊れたものを修理するのか、買い替えたほうが良いのか判断をしないといけません。どのような状態なら買い替えたほうが良いのか知っておくと便利です。基本的にスマートフォンの修理代金が定価の50%以上になってしまったときに買い換えるのがおすすめです。壊れたスマートフォンは発売から時間が経っている場合があります。スマートフォンの販売価格は時間とともに安くなっていきます。現在のスマートフォンの販売価格がかなり安価になっている場合は修理をすると損をするでしょう。こういうときは手持ちのスマートフォンの販売価格と修理費用を比較します。買い替えが安ければ修理はやめて新しい物を購入するのが合理的です。